川口市議会議員

 あしだ 芳枝


携帯電話でも
ご覧頂けます
 
 
 

ごあいさつ

〜 一人の声から未来を拓く 心のかよう街づくり 〜

急速に発展する少子高齢化の中で一人ひとりの声を大切に、教育・福祉・環境等
川口発展の為、全力で働いて参ります。
何卒、皆様の絶大なる、力強いご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

あしだ芳枝 トップページ   |   最近の活動報告です    |   活動報告バックナンバー

    プロフィール

 

  昭和31年 川口生まれ 川口育ち
  昭和44年 十二月田小学校 卒業
    昭和47年 十二月田中学校 卒業
    昭和50年 市立川口高校   卒業
  明治安田生命に勤務
  安行中学校 元PTA会長
  家族 夫、一男、一女
  趣味 テニス
  座右の銘 行動が未来を拓く

    政 策

 

子ども医療費 無料化を中学3年生まで拡大 いじめ、不登校問題への対策
災害対策(地震 ・水害等)の強化の推進 小学校放課後の居場所づくりの充実
川口市に火葬場・ドッグランを早期実現 学校施設の設備の充実、保育所待機児童の解消
議会改革の推進 高齢者介護予防
安心、安全な街づくり <防犯、防災対策の強化 / 水害対策、下水道整備の推進>  

 

    最近の活動報告                活動報告バックナンバーはこちら

2022年1月4日
子育て世帯臨時特別給付金
子育て世帯臨時特別給付金を全額現金での給付とする要望書を奥ノ木市長へを提出しておりました。
12月川口市議会定例会閉会日に上程された「子育て世帯臨時特別給付金」が可決され10万円一括支給となりました。
要望内容
先の衆議院選で、公明党が公約として掲げた18歳以下への10万円相当の給付が閣議決定されておりますが、5万円のクーポン券での支給に対し、事務手数料に多額の予算がかかる問題や給付時期が来年春頃との報道に、新型コロナウイルスの感染症対策として即効性ある支援の趣旨から乖離し、国民の批判が殺到しております。
昨日の衆議院本会議においても、政府は、年内に5万円を現金で支給し、来年春頃に残り5万円をクーポンで給付することを原則とする上で、各自治体の裁量で全額現金を認める基準を明確にする方針を打ち出しました。
最終的には、今月20日の補正予算成立後に全額現金給付を認める基準を示す予定ですが、本市においても、全額現金での支給を望む声が多く届いており、他の自治体も全額現金給付を決定している報道が多くあります。
新型コロナウイルスの感染症対策の観点からも、スピード感を持って早期に子育て世帯臨時特別給付金を届ける必要があり、全額現金給付に向けて準備をしていただくよう緊急要望をいたします。


ご質問、お問い合わせメールにつきましては、全てに返信するものではありません。ご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。

Copyright (C) 2011 Ashida Yoshie. All Rights Reserved.